パワーハウス太陽光ファンド2号

 パワーハウス太陽光ファンド2号
設置場所 兵庫県、埼玉県、山梨県、群馬県
募集期間 2018/2/1~2018/3/31
申込単位 1口5万円
募集金額 3150万円(630口)
※匿名組合出資(優先出資)
運用期間 11ヶ月
想定利回り 5.56% (年利回り、税引前)

投資シュミレーション

投資予定金額: 万円

※数値を入力後エンターをおしてください

運用期間11ヶ月 PHI 銀行定期
税引前収益------
△税金(源泉税)------
税引後収益------

※銀行定期はスーパー定期預金(300万円未満)のデータをもとに比較しています。(年0.010%)
※シミュレーションの結果は概算値です。
(税金(源泉税)欄には、2037年12月まで復興特別所得税が含まれます。)

募集情報

 
(1)名称パワーハウス2号匿名組合
(2)出資形態匿名組合契約(商法第535条に定める匿名組合方式)
(3)営業者
商号
合同会社パワーハウス2号
所在地
東京都港区芝浦4-16-23アクアシティ芝浦1F
代表社員
笠間 健太郎(弁護士)
(4)出資単位1口 金5万円(1口以上1口単位)
(5)想定利回り5.56%(年利回り、税引前)
※想定利回りを上回る利益については劣後出資者に分配されます。
※事業開始日に出資し、運用期間末日に分配を受けたものとして計算しています。
(6)申込期間2018年2月1日〜2018年3月31日
(7)払込期間契約締結日から14日間
(8)運用期間開始日(2018年5月1日)より2019年3月31日まで
(9)事業年度分配の基準とする決算日は3月末日として、匿名組合員に対する分配金額の計算を行います。(決算報告書は、営業者所在地に備え付けると同時に、取扱者よりお客様の登録メールアドレスに電磁的方法で送付いたします。)
(10)利益分配優先出資・劣後出資ごとにそれぞれの出資口数に応じ個別に計算し、分配いたします。
(11)税金  分配利益の20.42%が、源泉徴収税額となります。
(12)他費用
  • 銀行手数料
  • 税理士に対する本組合の決算料
  • その他の本件関連契約に基づき本組合が負担すべき費用
(13)譲渡 本組合の持分は原則として譲渡できません。ただし、お客様に譲渡を必要とする合理的な理由があり、かつお客様の権利及び義務が一括して譲渡される場合は、当該権利及び義務を第三者に譲渡することができます。お客様は営業者に事前通知を行い、かつ、地位の譲渡について営業者が承諾した場合に譲渡が可能となります。その際の譲渡手数料は1回あたり5,000円(税別)となります。
(14)契約の解除中途での契約の解除はできません。
(15)募集に関する事項

募集総額
金 4500万円(優先出資 3150万円、劣後出資 1350万円)

募集方法
応募額が目標募集額を下回る場合及び上回る場合における当該募集額の取り扱いの方法については、以下の通りです。

  1. 本ファンドは、応募額が目標募集額を下回る場合は発行されません。
  2. 本ファンドは、本ファンドへの出資の応募額が目標募集額を上回る場合、募集を締め切り、目標募集額分の出資のみを受け付けます。取扱者からの連絡をもって本ファンドへの出資が可能になります。

管理方法
応募代金の管理方法については、営業者の固有財産と分別して管理します。この預金に対しては金融商品取引業等に関する内閣府令第92条の2及び第125条に定める基準を満たす分別管理の確保がなされていることを本匿名組合契約書条項第8条第3項において確認をしております。

 

ファンドの仕組み

 太陽光ファンドの仕組み

高利回り

想定利回り5.56%(年利回り)を実現。

 

短期での運用が可能

1年に満たない運用期間

運用期間が11ヶ月と短期のため、資金運用の選択肢が広がります。

 

優先出資

優先出資とは

本ファンドは、ひとつのファンドを優先出資部分と劣後出資部分に分け、損益の分配や元本の償還に順位を設けています。

配当原資となる、発電所については評価が下落した場合でも下落分は劣後出資者が補うため、下落分が劣後出資額の範囲内であれば優先出資者には影響がありません。

 優先出資

資金使途・事業計画

(1)資金使途・費用見込み

営業者は、本匿名組合事業の出資金の使途として、以下を予定しております。

  • 太陽光発電所システム一式(4発電所)  41,500,000円
  • 消費税 3,320,000円
  • 合計 44,820,000円

(注1) 合計費用、内訳項目、金額はあくまでも見込みであり変更の可能性があります。
(注2) 募集総額と資金使途との差額は、事業運営に使用いたします。
(注3) 監視装置費用及び、監視装置の通信料、発電所の保険料、メンテナンス費用は事業開始後に売電事業による収入から支払うことを予定しています。

(2)営業者の行う業務及び業務委託に関する事項

営業者は、本組合の組成、匿名組合員への開示、本匿名組合事業の遂行、進行にかかる事務、匿名組合勘定内の経理・税務申告、官公庁への書類提出等の業務(総称して「運営事務」という。)を取扱者に業務委託いたします。

(3)今後の事業計画 

 ①賃貸収益等について

①賃貸収益等について

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本事業計画の利益金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

①事業計画上の売上について

本匿名組合事業は、営業者が本匿名組合の出資金を用いて以下に示す太陽光発電設備を取得し、発電事業者へ売電の権利とともに当該設備を賃貸し、売電収入の一部を受け取る事業を行います。発電事業者は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を用いて電気を電力会社等に対して売電します。 

※賃貸等損益の事業収入には設備賃貸料(売電事業者が受け取る売電収入の一部)、事業費用には保険料、土地賃料、監視費用、保険料等の合計を記載しています。

※設備売買損益の事業収入には設備売却益、事業費用には減価償却費を記載しています。

 ②事業計画上の分配予定について  (注)上表の「利益分配予定額」欄には、本ファンドの運用期間である11カ月の想定分配額を表示しています。

②事業計画上の分配予定について

(注)上表の「利益分配予定額」欄には、本ファンドの運用期間である11カ月の想定分配額を表示しています。

②事業計画上の分配予定額について(優先出資の場合)

上記事業計画上の売上に基づいて算出される利益の額及び現金分配額は下図のとおりです。

太陽光発電所紹介

設置場所名前買取価格現況
兵庫県豊岡市日撫発電所32円売電中
埼玉県比企郡根岸発電所32円売電中
山梨県南都留郡富士ケ嶺発電所36円売電中
群馬県太田市吉沢町発電所32円売電中

日撫発電所(売電中/32円)

システム
システム容量44kW・パネル容量57.6kW
太陽光発電モジュール:エクソル製300W(XLM60-300X)×192枚
パワーコンディショナー:オムロン製5.5 kW(KP55M-J4)×8台
2017年の実績
販売事業者予想売電金額1,678,867円に対して実績売電金額1,604,579円。予想比95.6%。 (※2017年気象庁発表の最近傍点日照時間は平年値比較 101.5%)
コメント
昨年夏にモジュールを新しいものに張り替える工事を行いました。工事期間中の事業中断期間もあり、予想より少ない結果となりましたが、夏以降は想定以上の発電をしており、今後楽しみな発電所。
 日撫発電所

根岸発電所(売電中/32円)

システム
システム容量49.5kW・パネル容量50kW
太陽光発電モジュール:サンテライト製250W(ZDNY-250P60)×200枚
パワーコンディショナー:オムロン製5.5 kW(KP55M-J4)×9台
2017年の実績
販売事業者予想売電金額1,761,646円に対して、実績売電金額1,867,029円。 予想比106.0%。(※2017年気象庁発表の最近傍点日照時間は平年値比較 112.3%)
コメント
積雪などの影響もなく毎年安定して、予想通りの発電量を見込める埼玉県の発電所です。
 根岸発電所

富士ヶ嶺発電所(売電中/36円)

システム
システム容量49.5kW・パネル容量60kW 太陽光発電モジュール:サンテライト製250W(ZDNY-250P60)×240枚
パワーコンディショナー:オムロン製5.5 kW(KP55M-J4)×9台
2017年の実績
販売事業者予想売電金額2,342,294円に対して、実績売電金額2,370,546円。予想比101.2%。(※2017年気象庁発表の最近傍点日照時間は平年値比較 101.5%) 
コメント
買取価格36円の案件で、発電量も順調。富士山の近くにある発電所です。
 富士ヶ嶺発電所

吉沢町発電所(売電中/32円)

システム
システム容量49.5kW・パネル容量60kW
太陽光発電モジュール:サンテライト製250W(ZDNY-250P60)×240枚
パワーコンディショナー:オムロン製5.5 kW(KP55M-J4)×9台
2017年の実績
販売事業者予想売電金額2,160,612円に対して、実績売電金額2,367,496 円。予想比109.6%。(※2017年気象庁発表の最近傍点日照時間は平年値比較 108.7%) 
コメント
売電開始以来 販売事業者の予想売電金額に対して、110%近くの売電金額になっており、安定しています。
 吉沢町発電所

営業者情報

本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2018年2月1日現在)

太陽光発電事業者・営業者合同会社パワーハウス2号
本社所在地〒108-0023 東京都港区芝浦4-16-23
アクアシティ芝浦1F
代表社員笠間 健太郎
事業内容再生可能エネルギー事業、ファンドの組成・運営、太陽光発電設備の取得、保有、賃貸及び処分
  代表社員 笠間健太郎   (弁護士、第一東京弁護士会所属)

代表社員 笠間健太郎

(弁護士、第一東京弁護士会所属)